酵素とダイエットの密接な関係

酵素ってなに?

ダイエットに効くの?ほんと?

その疑問にお答えします!
酵素のことがまったくわからないあなた!
そんなあなたにこそ読んでもらいたいのです。

酵素は3種類

酵素はたんぱく質からできていて、人や、動植物、微生物に至るまで、それらの体内に存在するといわれています。
体内では消化酵素、代謝酵素が作り出され、また外部から取り入れる食物酵素があります。

肥満予防なら代謝酵素におまかせ

バランスの良い食事を摂っていても、その栄養素はエネルギーを作り出すことはできません。体内で糖質と脂質をエネルギーに変える必要があるからです。代謝酵素はその手助けをします。
代謝酵素の働きが良いほど、代謝の効率が上がり、肥満予防に期待できるわけです。

大事な役回りの消化酵素

外部から取り入れる栄養素は以下のように分解しています。

たんぱく質 → 結合 → アミノ酸
糖質 → 結合 → グルコースなど
脂質 → 結合 → 脂肪酸

タンパク質・糖質・脂質はそのままの状態で体内に取り込んでも、このまま吸収することはできないので、結合を切り離して吸収します。消化酵素は、胃や小腸の存在し、これらを分解、吸収する手助けをしています。

以外な弱点を持つ食物酵素

多用な食べ物に含まれているのが食物酵素です。役割は消化酵素とほとんど一緒ですが、大きな弱点があります。それは、熱に弱いこと。50度以上で加熱した場合、酵素のほとんどが無効になってしまいます。酵素を含んだ食品を取り入れる場合は、加熱には気をつけましょう。

酵素が不足すると体に良くないことばかり

消化酵素や食物酵素が不足すると、体内での消化機能が低下し、吸収しにくくなります。また、代謝酵素が不足すると、栄養素をエネルギーに変える機能も低下し、脂肪が溜まりやすくなって結果的には太りやすくなります。

酵素が不足すると、体が健康を維持できなくなります。結果的には、栄養不足、疲れやすくなる、太りやすくなるなど、体質に影響を及ぼしかねません。
健康な体を作るためには、酵素は必要不可欠なのです。

酵素が不足しがちな人の特徴

体が一生のうちに作り出す酵素の量は決まっていると言われていて、加齢とともに、その数値は大きく減っていきます。

  • 20代・・・100%(とした場合)
  • 40代・・・50%
  • 60代・・・30%

60代以降では酵素が作られる割合はかなり少なくなってしまうのです。高齢者になっても酵素を上手に利用した食生活を過ごせるように、今からでも遅くはないので、酵素とうまく付き合っていきたいものです。

酵素を必要以上に使っている食生活

あなたは、以下のような食生活に心当たりはありませんか?

  • 味の濃いものや揚げ物ばかりを食べて、生野菜は苦手なので食べない
  • スイーツや甘いものはとにかく欠かせない
  • インスタント食品もファーストフードが大好きでよく食べる
  • 夜更かしと朝寝坊、不規則な食生活をしている

あ!わたしのことかも・・・

自分のことだと、わかっているならまだ大丈夫です。これからでも見直すことができます。

砂糖や油の摂りすぎは、それらを体内で分解するのに多くの酵素が使われます。また、食事の時間が不規則だったり、遅くなると、多くの酵素を使っても食べたものを消化できずに、胃に大きな負担がかかります。酸素や胃が活動する時間が、正午から夕方にかけて活発なのに対し、夜9時以降は酵素の働きが弱くなるためです。

食物からの酵素もうまく取り入れ、体内における限られた酵素を最大限に生かして、酵素の量を増やしていけるようにしましょう。

酵素を含む食品

野菜では山芋、玉ねぎ、セロリ、トマト、にんじん、きゅうり、ブロッコリースプラウト、にんにく、しょうがなどです。果物ではりんご、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、アボカドなどが有名です。

野菜には食物酵素が多く含まれていますが、加熱には弱いので、生野菜を積極的に取り入れるようにしましょう。また、果物は、食前1時間ほど前に食べておくと、食事中のたんぱく質の分解に役に立つことがわかっています。

馴染み深い発酵食品

発酵食品は発酵の過程で、消化酵素などを多く作り出します。また、酵素の働きを助ける乳酸菌も多く含まれています。植物性乳酸菌は、胃酸に強く、生きたまま腸まで届くので、うれしいですね。

乳酸菌は2種類あります。

動物性乳酸菌

チーズ、ヨーグルト

植物性乳酸菌

納豆、漬け物、糠漬け、キムチ(添加物の記載をチェック)、甘酒、味噌

酵素力をアップするためのポイント

毎日の生活習慣を見直し、酵素を無駄にせず、その機能を最大限に生かす方法があります。

食物繊維

食物繊維のはたらきについては、以下のことがあげられます。

  • コレステロールの調整
  • 血糖値が急激に上昇するのを抑える
  • 腸内環境を整える

糖尿病の予防や改善に役立ち、酵素の働きを良くすることで、便秘の解消にもなります。

抗酸化食品

抗酸化食品のはたらきについては、以下のことがあげられます。

活性酵素の働きを抑え、体の酸化を防ぎ、細胞を守る

発酵食品においては抗酸化作用の効果が期待できます。抗酸化作用のあるビタミンA、E、Cを多く含む食品を選び、積極的に取り入れましょう。細胞に負担をかけないことで、体内において代謝はスムーズに行われ、痩せやすい体質になるわけです。

睡眠

平均して7時間の睡眠時間が理想です。脳や体が休んでいる間に、体内では酵素が作られ蓄えられるのです。深夜0時を過ぎてからの就寝や、睡眠不足などは、酵素の生成などの妨げになってしまいます。
しっかりとした睡眠をとり、朝からしっかりと酵素を使えるようにしたいものです。

健康な体づくりは酵素から

体内の酵素を上手に利用しながら、食物酵素も積極的に取り入れてこそ、健康な体づくりができるのです。

よく眠り、よく食べて、よく動き、毎日を元気に、楽しく過ごせたらいいですね。