体臭は改善できる?!酵素と腸と体臭の関係

自分の体臭が気になることはありますか?

夏の汗臭さだけでなく、冬場の汗も意外と気になったり、1年を通して悩まされてる方もいるのではないでしょうか。

体臭が気になると、まずデオドラント製品などを使用する人も多いと思いますが、実は酵素の力をうまく利用することで、体臭を改善することができる場合があります。酵素の力を味方につけて体臭とサヨナラしましょう!

体臭の原因ってなに?

体臭がきつくなる原因はいろいろあります。

  • 食生活
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 運動不足

などが挙げられます。それらが具体的にどのように体臭へ影響しているでしょうか。

食生活の欧米化!肉食が体臭をきつくする?

日本人はもともと粗食でしたので、欧米食のような肉の量が多い食事は高カロリー食となりむいていないと言われています。消化不良となり、胃もたれや胸やけなどの症状と共に、消化しきれない食べもののカスが胃腸内に残って発酵・腐敗することで悪臭のもととなるガスが発生します。

それが血液にのって全身にいきわたり、汗や息から排出されてにおいの原因になるのです。また便秘を引き起こしやすくなることも挙げられます。

動物性の脂質を取りすぎると皮脂腺が活性化するため、皮脂の分泌が増え、酸化した皮脂がにおいのもとになることもあります。

加齢臭はホルモンバランスの乱れ?

年齢を重ねると加齢臭と呼ばれる独特の体臭が発生してきます。男性に多いイメージがありますが、実は男性だけでなく女性にもみられるものです。それには女性ホルモンが加齢臭に影響しているから。

女性ホルモンのエストロゲンが分泌されていると抗酸化作用で、皮脂の参加を防いでくれるのですが、逆に更年期などで女性ホルモンの分泌が低下してくると、酸化したにおいが発生しやすくなるのです。

加齢臭は男性だけのものではないので、朝起きたとの枕のにおいチェックしてみてください!お父さんのにおいしていませんか?

ストレスでも臭くなるの?

緊張や興奮、強いストレスを受けると自律神経のバランスが乱れます。緊張して脇汗をかいたりした経験がある人も多いと思いますが、脇汗を出す臭いの強い汗腺(アポクリン腺)は交感神経によって刺激され汗の分泌が増加するのです。

人はストレス下では交換神経が優位に働きます。緊張して交換神経が優位の状態でいると、アポクリン腺が刺激され、臭いの強い汗が分泌される仕組みになっているのです。

運動不足でも臭くなる?

運動をすると汗をかくから臭くなるイメージがあるかと思いますが、実は運動でかく汗はサラサラした良い汗なのです。サラサラした汗は酸化しにくいのでニオイになりにくい特徴があります。

逆に運動不足ではなぜ臭くなるのでしょう。

運動不足になると汗腺も運動不足になり、働く汗腺が減ってしまうのです。働く汗腺が少なくなるということは、残りの汗腺にかかる負荷が大きくなり、発汗される前に本来は再吸収されるべき栄養分がそのまま汗と一緒に出てしまいます。栄養分を含んでいる汗はベタベタしやすく、雑菌も繁殖しやすい汗なので、臭いのもとになってしまうのです。

また血行も悪くなると、疲労物質である乳酸が大量に発生し、汗腺中のアンモニアの分泌を増加させる働きがあるのです。そのため発汗時にアンモニア臭を発生させてしまうのです。

適度に運動をしていて筋肉のある人は、体内のデトックスシステムがしっかりと働いているので、ミネラルなどの栄養分は体内にしっかりと取り込み、余分は水分だけを発汗させることができています。排出された汗のほとんどが水分なのでサラサラしているのです。臭いもないのが特徴です。

汗臭さを防ぐにはまずは汗腺を鍛える適度な運動がお勧めです。

臭いの原因となる体の部位によってにおい成分が違う?

脇の下、耳の中

この部位にはアポクリン腺が存在します、アポクリン腺から分泌される汗は尿素やアンモニア、皮脂腺から分泌される皮脂、皮膚表面のタンパク質が混ざり合って、皮膚表面の雑菌によって分解されることで臭いが発生します。

消化器系に低下

胃や腸などの消化器官の低下に便秘になり、腸内に便が長時間留まることで、血液中にその成分が吸収され、汗や息となって体外に排出されます。便秘と臭いは密接な関係にあったのです。

肝機能・腎機能の低下

本来尿から排出されるアンモニアが、血液に流れで汗や息になって排出されてしまいます。

糖尿病

糖尿病が重度になるとアセトンという成分が息から排泄されることがあります。体内の脂肪がエネルギー源として使われたときにできる物質なのですが、糖尿病になるとインスリンの分泌低下し、血糖コントロールがうまくいかないくなるため、血中のアセトンが多くなり息や汗と共に分泌されるようになるのです。

酵素で体臭予防しましょう!

体臭にもいろいろな原因と種類があるのが分かりましたが、これらの体臭は酵素で予防することができます。酵素には消化の働きを助ける消化酵素と代謝を助ける代謝酵素があります。消化酵素は胃腸の働きを、代謝酵素は腎機能や肝機能の働きを助けます。

胃腸の動きが活発になることで、消化不良がなくなり、食べかすからの悪臭ガスの発生を防ぐことができます。また消化がスムーズになると栄養の吸収もよくなりますので循環もよくなります。また腎機能も活性化すると血中の尿素やアンモニアの濃度が下がるため、汗や息から臭いが排出されにくくなります。

体臭は内臓機能の疲弊から発生することが多いので、消化酵素や代謝酵素が効率的に働ける体内環境にすることで酵素が効果を発揮し、体臭予防につながります。

あなたも生活習慣を見直して体臭予防してみませんか。