むくみ解消なら酵素におまかせ

朝起きたときに鏡を見て誰!というぐらいむくんだ経験はないでしょうか?

朝のむくみは、特に女性にとって死活も問題になりかねません。2度とむくみたくない!と思うでしょう。

朝のむくみがやっと収まったかな?と思ったら夕方には、足のむくみでブーツが履けなくなったり。

むくみには酵素が重要なのは知っているでしょうか?これは少しづつ説明するとして。。

まずむくみについて説明していきます。

「むくみ」を医学的に説明

むくみとは、医学的には浮腫といいます。血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。

 人のからだの水分量は、体重の60%も占めます。この60%の内訳は

  • 細胞外液1/3
  • 細胞内液2/3

です。

この細胞外液の80%は、細胞と細胞の間に存在する間質液なのです。

細胞外液のほとんどを占める間質液ですが体重の15パーセントを占めるようなメカニズムになっているのです。

この間質液は必要な水分なのですが何ららかの影響を受けて体内に残ってしまうとむくんでしまいます。

間質液→体内に残る→血流低下→水分、ナトリウムが貯まる→腎臓にも影響→ますますむくむ

という悪循環になってしまうのです。

血流の悪さにより、むくんでしまうのですが原因として考えられるのが

  • 冷え性
  • サイズのが合わない下着など
  • アルコールの過剰摂取
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 塩分多めの食事

などがあげられます。むくみ以外にも生活習慣病などのリスクも増えるでしょう。

水毒とは?

この間質液が残りむくんでしまうことを水毒ともいいます。水毒とは、中医学において体内の水分の代謝障害を指します。

間質液という体内水分が残ることで、むくみが起こることは説明しましたね。この状態「水毒」ともいいます。女性は、この水毒になりやすいと言われています。

水毒を3つに分けると

  • 水分を過剰に摂取した水毒
  • 塩分、水分が腎臓にとどまる水毒
  • 冷えからくる水毒

水分を摂りすぎた水毒

一日に2リットルの水を飲む!となどの健康法がありますがおすすめしません。デスクワークなどが中心だ水分がそれほど必要ありません。余分な水分により胃液が薄まって腸の異常など引き起こします。

塩分、水分が腎臓にとどまる水毒

ヒトの身体の体液では、塩分の割合が決まっています。塩分を摂り過ぎると

塩分過多→血漿浸透圧↑→水分摂取

となります。これにより腎機能がコントロールを失いむくみ、だるさなどを引き起こしてしてしまいます。これを予防するには、やはり食生活の改善と規則正しい生活を意識して行なっていくしかありません。

何となく、だるい。体に力が入らないなどの脱力感があるタイプの水毒です。足や腰がだるくなったりもします。特に腎

冷えからくる水毒

身体が冷えると低体温症などになりかなねません。冷えは生理不順や肥満なども引き起こしてしまいます。体温が少し上がるとホルモンバランスは整います。靴下の重ね履きなど対策をして冷え性からくる水毒にならないように気をつけていきたいです。

むくみには酵素

むくみには酵素が深く関与しているのです。酵素は人の身体にもともと備わっています。これを体内酵素といい消化、代謝酵素に分けられます。

しかし体内酵素の量は限りがあります。しかも加齢により減少してしまいます。体内酵素のうち消化酵素に多く使われる性質があります。

食生活の乱れなどにより消化に酵素が無駄な使われ代謝に影響が出てしまうのです。

代謝に異常が出ると肥満や便秘などの原因となります。もちろん肌のターンオーバーにも影響が出ます。

酵素を節約して代謝を促し美肌になりましょう。

むくみにおすすめの食品

  • カリウム→体内の塩分を排出。アボカド、バナナ、ほうれん草
  • クエン酸→老廃物を分解・排出→グレープフルーツ、レモン
  • ビタミンE→体内のナトリウムを排出→モロヘイヤ、アボカド、プルーン
  • サポニン→利尿作用→ごぼう、小豆、にんにくなどです。
  • ポリフェノール→抗酸化作用→赤ワイン、ブルーベリー、カカオ
  • ビタミンB1→中性脂肪を減らす→豚肉豆腐
  • ビタミンB6→血液をサラサラにする→マグロ、かつお、レバー
  • パセリ→カリウム豊富
  • トマト→クエン酸
  • アサリ→利尿作用
  • アーモンド→カリウム

です。これだけあれば嫌いなものがあっても大丈夫ですね。上手に摂取してむくみを解消しましょう!

むくみ防止の漢方薬を服用するのもアリ

次の5つがむくみにおすすの漢方です。

東洋医学では水毒も水邪とも呼ばれ、中医学から派生した病です。中医学の要である漢方を上手に利用してむくみなしの生活を実現しましょう!

已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りタイプの人におすすめ

五苓散(ごれいさん)

水を体にため込みやすく、腎臓がお疲れの人におすすめ

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

水分をためこみやすいタイプで婦人科系の代表的な漢方

柴苓湯(さいれいとう)

水太りにおすすめで熱を発散する

牛車腎気丸(ぎゅうしゃじんきがん)

むくみ、冷え、腎の衰え