あなたは何個当てはまる?酵素不足の人に多い症状・体調不良まとめ

予防医学!を耳にしたことがあるでしょうか?今から2千年前に書かれたといわれる最古の医学書書『黄帝内経』に書かれた概念です。

病気の一歩手前「未病」の症状の時点で表記になる前の予防が重要という考えに基づいた医学です。

少しでも体調に違和感を感じたら、それは未病です。

未病って具体的にどんな状態?

未病とは具体的にいうと

  • 肩や首などのコリ、ハリ
  • 便秘や下痢
  • 身体が冷える
  • 胃もたれ、胃の痛み、膨満感
  • 関節の痛み、腰の痛み
  • 寝つけたい、熟睡できたい
  • 生理不順、生理痛
  • 疲れやすい、だるい、力がはいらない
  • 耳鳴り、フラフラする

などです。

酵素が不足するとこういう症状を引き起こしやすくなるのです。

  • 新陳代謝機能低下→便秘、胃腸の低下、肌荒れ
  • 血流低下→酸欠→肩こり、腰痛

また血液がドロドロになってしまうドロドロさまざまな疾患のもとになり未病→大病と移行します。

酵素不足が招く病気

  • 糖尿病
  • うつ病
  • 肝機能障害
  • 不定愁訴
  • ロコモティブシンドローム

「ロコモティブシンドローム」は筋肉、骨、関節などの運動器に障害が起こり、立ったり歩いたりも困難になる症状です。

酵素がなくなったときが、その人の寿命といわれます。脅かすわけではないですが、酵素の重要性を伝えるために記しました。

1つの例をあげてみます。うつ病は、ストレスによりなるといわています。しかしストレスは、生きていれば誰でも感じているはずです。

  • 人間関係
  • 仕事
  • 環境
  • 恋愛

など挙げればキリがないほどです。しかしストレスを受けると誰もがうつになるわけではないのです。うつ病になる人とならない人の違いはなんでしょうか?

それは酵素の不足です。

ストレスを受けても本来は、免疫力によって跳ね返すことができるのす。しかし酵素が不足すると、免疫力というバリアが活性酸素に破壊され体内で暴れ回ってしまうのです。

もちろんちょっとしたストレスは、人に必要です。全くストレスのない人より成長できればずです。

しかしそんなちょっとしたストレスでさえ防御できないとなりますと、免疫力は落ちてあらゆる病の標的になってしまうのです。

どうすれば酵素が不足しないか?

酵素を不足しないための習慣を紹介します。

  • 食生活
  • 噛んで食べる
  • 腹八分の食事
  • 規則正しい生活
  • 酵素を含む食品を摂取する
  • 酵素ドリンク・サプリメントの摂取

などです。

昔から長寿の人は、よく噛んでゆっくり食べるといわれています。

戦前→1300回以上
現代人→600回

というデータもあります。よく噛むと消化酵素であると唾液アミラーゼが発生します。この唾液アミラーゼは、ごはんなどの炭水化物の分解に効果を発揮するのです。

ゆっくりよく噛んで腹八分目の食事をすることで酵素を摂取することができるのです。

酵素たっぷり食品を積極的に食べよう

食品から酵素を摂取するのもオススメします。

  • 刺身
  • 生野菜
  • 果物
  • 発酵食品

などです。食物酵素は熱に弱いので生のサラダなどで摂取しましょう。

もちろん1人暮らしで料理はそんなにはしないよー。

という人は、酵素が凝縮した酵素サプリメントなどで酵素を摂取して元気にハツラツとした生活を実現しましょう!